死別カウンセリング こころの杖

グリーフケアアドバイザーとして遺族の方のお話していると、どんな生き方をしてきたかがとても大切なことであることが分かります。そして、『自分らく』生き抜くことが、自分や大切な人を悲しませないことだということが、鮮明に分かってきます。人生を「ありがとう」と終えるための発信をしています。 いまい あけみ/グリーフケアアドバイザー(日本グリーフケア協会認定)・自分史活用アドバイザー・終活カウンセラー。2008年に手元供養専門店品「こころの杖」を設立。自らも介護、死別、相続等の経験を持ち苦しみ、救いを求めグリーフケアを学ぶ。

カテゴリ:相続

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。相続の話をすると「うちには大した遺産が無いから大丈夫」という声をしばしば耳にします。こんな家庭ほど、遺産相続で揉めやすいというのは本当です。資産のある家はすでに遺言書等 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。相続争いは資産があるから争うというように思いがちですが、実際は、資産の少ない家庭ほど争っているということになります。そして、この争いが死別の悲しみに拍車をかけます。お ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。最近は「いい関係でいたいから離婚を選んだ」とか「離婚後も友達関係」ということがあるようだが、別れてから1度も逢ったことがないという元夫婦というのも多い。そんな元夫婦でも ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。「家は大丈夫。とっても仲がいいですから」と親御さん。「家は大丈夫。弟とはとっても仲がよいもの」とお姉さん。お姉さんは一人っ子の夫に「あなたは兄弟がいないから可哀想ね」 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。相続争いに1つの判決が下りました。 これを見ると様々なことが想像できます。ここで、見えてくる詳しいことには触れませんが、この判決が大岡裁きのようで喜ばしいことではあり ...

死別専門カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。愛する人をおくることは人生の中でも最大の役割に位置するものだと思っています。おくることには遺産相続がつきものですが、遺産相続にはとんでもない相続人が中にいます。人は ...

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━介護は、いくら家族だからといって、らくらく行えるわけではありません。相当なエネルギーを要します。ところが、他の相続人はその苦労を認めてくれないことがあります。自分がしてきたことは大きく考え、し ...

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━彼は結婚2回目。もう、今では珍しいことではありません。最初の結婚で子供は1人。養育費を支払う約束をして幼い子供との面談は無し。再婚相手との間には子供を2人。再婚相手は毎月、養育費を振り込んでいまし ...

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━現在の相続でも長男が、遺産を独り占めにして、他の兄弟には、相続放棄させるという話がよくあります。1947年の民法改正で、長男が家を引き継ぐ、長子相続は廃止されましたが、未だに、この感覚を引きづって ...

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━「一人暮らしの人が亡くなっても、大体はどこからか相続人か特別縁故者が出てきます」と相続に詳しい先生はおっしゃいます。どうやらこの特別縁故者の存在は相続の現場では珍しいものではないようです。特別 ...

↑このページのトップヘ