死別カウンセリング こころの杖

グリーフケアアドバイザーとして遺族の方のお話していると、どんな生き方をしてきたかがとても大切なことであることが分かります。そして、『自分らく』生き抜くことが、自分や大切な人を悲しませないことだということが、鮮明に分かってきます。人生を「ありがとう」と終えるための発信をしています。 いまい あけみ/グリーフケアアドバイザー(日本グリーフケア協会認定)・自分史活用アドバイザー・終活カウンセラー。2008年に手元供養専門店品「こころの杖」を設立。自らも介護、死別、相続等の経験を持ち苦しみ、救いを求めグリーフケアを学ぶ。

カテゴリ:親子

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。何かと長であろうとする長男。相続の際にも「俺、長男だから」と幅を効かせるのも長男です。しかし、これが問題をこじらす原因になるのです。介護のお話です。親が身体の自由が効 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。子供が姉妹だけの場合、全員が嫁ぐとお墓の継承ができない今回もそんなご家族です長くお父さんの看病をされ、お父さんをお墓へ埋葬されたお母さんその後も一人でお住まいでしたが ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。大切な人を失った時、身体の一部をもぎ取られたようになったり、心に大きな穴がぽっかりと開いたようになったり、何ともいえない感覚や気持ちになることがあります。それは思春期 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。子供さんに男の子がいなく、娘さんを全員嫁がせた場合、先祖代々のお墓は継承できなくなります。ご夫婦間で墓地や埋葬の事を話し合っておられないご家庭ではお葬式を済ませた娘さ ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。終活、真っ盛りの昨今でも、親子で「死」について話し合っているご家庭はそんなに多くありません。独身の一人息子のために80歳を超えた母親がそんな話をしようものなら「縁起でも ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。最近は「いい関係でいたいから離婚を選んだ」とか「離婚後も友達関係」ということがあるようだが、別れてから1度も逢ったことがないという元夫婦というのも多い。そんな元夫婦でも ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。離れて暮らしている親御さんのペットロスを心配してペットのレプリカの問い合わせが多くなりました。老人世帯(70代)ペットの飼育率は年代別に見ると他の年代と比較して多くはあ ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。私自身、仕事をしながら母の介護を続けました。最終的には長い期間ではありませんでしたが、色々な状況がありとても大変なことでした。ただ1つ、救われたのは、「後々、後悔の無い ...

「こころの杖」のカウンセリングをいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。”親の終活は子にとって重要事項”と先日、申し上げましたがその逆の、子の終活は親にとっても重要事項です。平均寿命が伸びる中で、逆縁は珍しいことでは無くなってまいりました。 ...

「こころの杖」のカウンセリングをいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。親の終活は、子にとって無関係なことは一つもありません。バトンを受け取る側も終活の項目や内容は把握しておくことは必須です。今、団塊の世代が親を看取る時代に入ってきておりま ...

↑このページのトップヘ