死別カウンセリング こころの杖

死別カウンセリング こころの杖は大切な人を亡くし、思慕や絶望、後悔、罪悪感等に苦しんでいる心を回復の道へと導けるように情報を発信しています。グリーフは時間が解決してくれると考えられていますが、寄り添う対象があってのことです。社会情勢の変化で、死は話せることでは無くなった今、ネットを見ても答えは出ていません。自らの答えを自ら探さなくってはなりません。読んでいただき参考にしていただければ幸いです。

タグ:グリーフケア

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。自宅を出る時は晴れていたのに、帰宅時には雨。折り畳み傘を鞄に入れている学生じゃなかったから自宅まで10分の距離を走って帰ろうと窓に激しく打ち付けやみそうにない雨を見つめな ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。幼い頃、父親を亡くして女性ばかりの中で育った末っ子長男の彼は70歳前自身の人生を振り返って彼は「結局、女の枠の中で育ってきた人生だった」と総括しました。それは、少しショッ ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。死別を経験すると人は強い失望感を抱き、深い悲しみを味わいます。もう二度と会えることの無い大切な人を想い、深い思慕や大切な人に負い目や複雑な感情を抱くことになります。これ ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。グリーフ時に人からの言葉で傷ついたり判断を誤まることもあります。それらは心身が通常の状態ではない時だからです。そのことが原因で、仲の良かった友や知り合いと疎遠になってし ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。人と人のコミュニケーションは視線を合わせ、言葉をかけることから始まります。しかし、グリーフの状態にある時にこれらの行為が苦手になります。人が自分を避けているように見えた ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。私自身は思春期に父との死別を経験し、40年以上、経ってグリーフを学んでいます。もっと早くにグリーフを知っていれば人ともっと信頼関係を築きながら日々を送れたんではないかなあ ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。つくづく世の中は、不平等で理不尽なことが多いと精魂尽き果て、どこに持っていっても解消されない苛立ちや腹立たしさに今日一日を過ごすことに絶望を感じてしまいます。それでも、 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。「故人には大変お世話になりました。私でお役に立つことがあればご協力させて頂きます」こんな言葉を残してくれた知人子供が就職活動で思うようにいかない時知人の言葉を思い出しお ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。グリーフは百人百様で家族であっても個々違います。亡くなった時の状況や故人との関係性、宗教感、地域の文化、パーソナリティー、性別、人生のスタイル等によります。外見だけでグ ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。ふらっと立ち寄て下さった彼女は、東京からのお客さま。中山道の旅の途中、路線から外れた旅になったようです。五街道を一緒に旅していた連れ合いを送り、仲間たちもあまり歩けなく ...

↑このページのトップヘ