死別カウンセリング こころの杖

死別カウンセリング こころの杖は大切な人を亡くし、思慕や絶望、後悔、罪悪感等に苦しんでいる心を回復の道へと導けるように情報を発信しています。グリーフは時間が解決してくれると考えられていますが、寄り添う対象があってのことです。社会情勢の変化で、死は話せることでは無くなった今、ネットを見ても答えは出ていません。自らの答えを自ら探さなくってはなりません。読んでいただき参考にしていただければ幸いです。

タグ:介護

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。離れている子供たちがローテーションを組んで親の看病を熱心にしている光景は病院や施設でよく見かけます。特に夫は妻の看病を子供たちがやってくれることを頼もしく有難く思ってい ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。記者会見の冒頭での、あまりにも、残念な導き方。唖然としました。類まれな才能をあのような形で閉じなければならない喪失感や挫折感、罪悪感、そして少しの安ど感はいかばかりであ ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。介護や死別の悲哀の中には、多くの第3者が存在します故人と自分以外の第3者それは身内や親類縁者、時にはご近所だったり全くの他人だったり・・その人たちの間で交わされる事実のよ ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。身近な大切な家族が癌になると、ご本人同様、もしかするとそれ以上の動揺や衝撃が家族の皆さんにあるかもしれません。 ご本人にしてみると、連れ合いや家族は、本人のいちばん身近 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。何かと長であろうとする長男。相続の際にも「俺、長男だから」と幅を効かせるのも長男です。しかし、これが問題をこじらす原因になるのです。介護のお話です。親が身体の自由が効 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。終活、真っ盛りの昨今でも、親子で「死」について話し合っているご家庭はそんなに多くありません。独身の一人息子のために80歳を超えた母親がそんな話をしようものなら「縁起でも ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。まだ、親世代と同居していた時代、嫁姑問題は週刊誌やワイドショーでよく取り上げられていました。近年は核家族が当たり前になり、嫁、姑は、お互いが良好な関係を続けているよう ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。私自身、仕事をしながら母の介護を続けました。最終的には長い期間ではありませんでしたが、色々な状況がありとても大変なことでした。ただ1つ、救われたのは、「後々、後悔の無い ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。夫婦はいくら仲が良くても、松の葉のように同時に散る訳にはいきません。残念ながら、いずれは一人になります。その、前段階として、連れ合いの介護が必要になってきます。一般的 ...

死別専門カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。今日もY子さんのお母さんはデイサービスに行く。Y子さんはデイサービスはとっても有難く思っていて、お母さんがデイサービスに行っている間に、日頃できないお家の用事をかた ...

↑このページのトップヘ