死別カウンセリング こころの杖

死別時に抱える思慕や絶望、後悔、罪悪感、疎外感等のことをグリーフと言います。グリーフは時に、家族のバランスを崩し、家族の力を低下させます。悲しみのプロセスは人それぞれで、回復する過程も様々です。家族の力を再生させ未来への一歩へ踏み出せるように導きます。傷ついた心で乗り越えようとすれば、家族の心は疲弊してしまいます。 頑張らなくても大丈夫です、回復への道があります。 その道を、しっかりと照らすのがグリーフケアカウンセリングです。 いまい あけみ/グリーフケアアドバイザー(日本グリーフケア協会認定)・自分史活用アドバイザー・終活カウンセラー。2008年に手元供養専門店品「こころの杖」を設立。自らも介護、死別、相続等の経験を持ち苦しみ、救いを求めグリーフケアを学ぶ。

タグ:介護

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。記者会見の冒頭での、あまりにも、残念な導き方。唖然としました。類まれな才能をあのような形で閉じなければならない喪失感や挫折感、罪悪感、そして少しの安ど感はいかばかりであ ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。介護や死別の悲哀の中には、多くの第3者が存在します故人と自分以外の第3者それは身内や親類縁者、時にはご近所だったり全くの他人だったり・・その人たちの間で交わされる事実のよ ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。身近な大切な家族が癌になると、ご本人同様、もしかするとそれ以上の動揺や衝撃が家族の皆さんにあるかもしれません。 ご本人にしてみると、連れ合いや家族は、本人のいちばん身近 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。何かと長であろうとする長男。相続の際にも「俺、長男だから」と幅を効かせるのも長男です。しかし、これが問題をこじらす原因になるのです。介護のお話です。親が身体の自由が効 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。終活、真っ盛りの昨今でも、親子で「死」について話し合っているご家庭はそんなに多くありません。独身の一人息子のために80歳を超えた母親がそんな話をしようものなら「縁起でも ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。まだ、親世代と同居していた時代、嫁姑問題は週刊誌やワイドショーでよく取り上げられていました。近年は核家族が当たり前になり、嫁、姑は、お互いが良好な関係を続けているよう ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。私自身、仕事をしながら母の介護を続けました。最終的には長い期間ではありませんでしたが、色々な状況がありとても大変なことでした。ただ1つ、救われたのは、「後々、後悔の無い ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。夫婦はいくら仲が良くても、松の葉のように同時に散る訳にはいきません。残念ながら、いずれは一人になります。その、前段階として、連れ合いの介護が必要になってきます。一般的 ...

死別専門カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。今日もY子さんのお母さんはデイサービスに行く。Y子さんはデイサービスはとっても有難く思っていて、お母さんがデイサービスに行っている間に、日頃できないお家の用事をかた ...

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━介護は、いくら家族だからといって、らくらく行えるわけではありません。相当なエネルギーを要します。ところが、他の相続人はその苦労を認めてくれないことがあります。自分がしてきたことは大きく考え、し ...

↑このページのトップヘ