死別カウンセリング こころの杖

グリーフケアアドバイザーとして、遺族の悲しみや苦しみを見てまいりました。大切な人を悲しませないための生き方は、起こりうる未来に対して、少しの知識と、今を『自分らしく』生きることだということです。よりよく人生を終えるための情報を発信しています。 いまい あけみ/グリーフケアアドバイザー(日本グリーフケア協会認定)・自分史活用アドバイザー・終活カウンセラー。2008年に手元供養専門店品「こころの杖」を設立。自らも介護、死別、相続等の経験を持ち苦しみ、救いを求めグリーフケアを学ぶ。

タグ:夫婦

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。グリーフは、人のパーソナリティにおいて差があるとはいえ連れ合いを亡くした遺族の方々は「死別がこんなに辛いものとは思わなかった」とおっしゃる方がほとんどです。それは、今ま ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。急に倒れて入院したご主人手術は無事に済み、今はリハビリ中だという約1時間ほどのリハビリは進展がなくご主人の様子が最近はおかしいという奥さん 先生や看護師さんたちには笑顔 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。「男子厨房に入るべからず」の時代から「共働き」や「料理が好き」「担当制・当番制」等で毎日、厨房に入る男子も多い昨今。よくここまで価値観が変わるものだなあと感心するので ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。連れ合いが癌療養して、全ての夫婦や家族の絆が、今まで以上に強くなるのは非常に好ましいことですが、残念ながら全てそうかというとそうではありません。「私が苦しんでいる時に ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。記者会見を拝見して、率直に思ったこと。何と、見事なタクトの振り方ができる人なんだろうということ。両家のご家族が同じ方向で同じトーンで未来を信じて時間を共有するには先頭 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。「私がいなくなったら、他の人を見つけて幸せになって」と何も出来ない僕を分かってそういい残し、旅立っていきました。そして3年間という歳月、失意のどん底にいましたが塞ぎこん ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。夫婦はいくら仲が良くても、松の葉のように同時に散る訳にはいきません。残念ながら、いずれは一人になります。その、前段階として、連れ合いの介護が必要になってきます。一般的 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。もし、自分の奥さんが6ヶ月の余命宣告をされたらあなたはどうしますか?お別れの日までどんな態度で接しますか?そして、お別れした後、どうしますか?カウンセリングでよくある ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。どの死別も遺された者にとって、辛く悲しいことに変わりはありませんが、連れ合いに先立たれた男性の背中には、言いようのない寂しさが滲みます。男性は配偶者を失った悲しみや孤 ...

死別の心をケアするカウンセリング 陽だまりごごろをいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。今朝のTVで、119番に4年間で1,000回以上もイタズラ電話をしていた女性が逮捕されたニュースで、ご近所の方がインタビューに「ご主人が亡くなってからオオカ ...

↑このページのトップヘ