死別カウンセリング こころの杖

死別カウンセリング こころの杖は大切な人を亡くし、思慕や絶望、後悔、罪悪感等に苦しんでいる心を回復の道へと導けるように情報を発信しています。 グリーフには独特のメカニズムがあります。あまり頑張り過ぎなくっても大丈夫です。回復への道があります。 いまい あけみ/グリーフケアアドバイザー(日本グリーフケア協会認定)・自分史活用アドバイザー・終活カウンセラー。2008年に手元供養専門店品「こころの杖」を設立。自らも介護、死別、相続等の経験を持ち苦しみ、救いを求めグリーフケアを学ぶ。

タグ:家族

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。離れている子供たちがローテーションを組んで親の看病を熱心にしている光景は病院や施設でよく見かけます。特に夫は妻の看病を子供たちがやってくれることを頼もしく有難く思ってい ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。死別の悲しみや苦しみ、不安を何とかして乗り切ろうと私達は努力します。大切な人との死別によって、一瞬にして違って見える日常の風景生活の習慣やルールがが変化することに戸惑い ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。死別反応の表出には個人差があります。夫婦間や、兄弟間等で感じるズレなどで関係が仕草や今までのようにいかなくなったケースも多々あります。自身の表出のみを基準として捉えるこ ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。死後直後の衝撃の時期、私達は言葉を失ってしまいます。うつ的になり引きこもりの状態になり思考が停止し、自身が何を考えているか分からない状態になり、普通の判断力を失ってしま ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。TVドラマ・白い巨塔の中で財前教授は自分が癌に侵され、初めて患者の気持ちが分かったと打ち明けるシーン。このことは、患者と医者との関係だけでなく本人とご家族との関係でも、見 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。終末期の患者さんと遺族の共通する心情起きれば「おはよう」と言える相手がいて、決まりごとのように朝の慌ただしい音がしてたわいのない会話を交わし合い、仕事や学校に出かける。 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。遺族家庭を男女で分けると2つに分かれます。女性のいる家庭と男性だけの家庭私は色の専門家ではありませんが、どういうわけか、家庭の色と匂いで男性だけの家庭の区別がつきます。茶 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。大切な人のターミナルケア(治癒の可能性のない患者を援助する)が行われる際、家族もグリーフを抱えることとなります。(予期悲嘆といわれます)大切な人をもっともよく理解している ...

新年おめでとうございます。死別カウンセリング こころの杖を読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。今年もどうぞよろしくお願い致します。死別専門カウンセリングを始めて5年目なり、手元供養の製造販売は11年目になりました。両者とも死=不幸という事柄に属して ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます葬儀や埋葬、供養のスタイルは多種多様なものになってきました。それに伴い、エンディングノートの項目もかなり細かくなっています。エンディングノートに自筆で残してあれば、伝えら ...

↑このページのトップヘ