死別カウンセリング こころの杖

グリーフケアは、大切な人を亡くした時に抱える思慕や絶望、後悔、罪悪感、疎外感等にとことん寄り添い、回復へと導くことです。悲しみのプロセスは人によって違います。そして、回復する過程も人それぞれ違います。傷ついた心で乗り越えようとすれば、心は疲弊してしまいます。 頑張らなくても大丈夫です、ちゃんと回復への道があります。 その道を、しっかりと照らすのがグリーフケアカウンセリングです。 いまい あけみ/グリーフケアアドバイザー(日本グリーフケア協会認定)・自分史活用アドバイザー・終活カウンセラー。2008年に手元供養専門店品「こころの杖」を設立。自らも介護、死別、相続等の経験を持ち苦しみ、救いを求めグリーフケアを学ぶ。

タグ:家族

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。連れ合いが療養して、夫婦や家族の絆がより以上に強くなるのは理想的ですが、残念ながら、亀裂が入ったとか、破綻したということも珍しくはありません。「夫が見せる態度には我慢が ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。死別の辛さは人生の中で最も辛い体験の一つであり、そのことによって生じるストレスが心と身体に色々な影響を及ぼすことが分かってきています。今回は心に及ぼす影響のお話です。死 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。子供を守ろうとして、真実を伝えないのはよくありません。子供が幼くとも、家族で死を分かち合うことです。子供たちが、悲しみにくれる大人たちから忘れられた存在にならないように ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。身近な大切な家族が癌になると、ご本人同様、もしかするとそれ以上の動揺や衝撃が家族の皆さんにあるかもしれません。 ご本人にしてみると、連れ合いや家族は、本人のいちばん身近 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。死別という人生の中での最大のストレス要因そして、そのことで否応なしに変化せざるをえない家族システム多くの遺族の方と接していますと、見えてくるその後の家族のあり方そんな ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。当社にはパウダーにした遺骨を土に練り込んで作るブレスレットがあります。水にも油にも熱にも対応ができ、日常生活の中で、手軽に長くつけていただきたいとの思いで8年前に販売し ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。彼の家にお仏壇はなく、お父さんが亡くなった後、遺影と分骨したお骨が入ったミニ骨壺を体裁よく飾ってあるサイドボードの上たまに、お花も飾るし、ご馳走も備えるらしい豪華な仏 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。遺骨ブレスレット・ウィズは世代を繋いでいける形見として7年前に製作しました。親から子へ、子から孫へという想定でした。ところが、お孫さんが「欲しい」とか「身に着けたい」と ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。急に倒れて入院したご主人手術は無事に済み、今はリハビリ中だという約1時間ほどのリハビリは進展がなくご主人の様子が最近はおかしいという奥さん 先生や看護師さんたちには笑顔 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。日本香堂がグリーフケアの一環として活用してもらいたいと「三行詩」を募られています。「それぞれの心の声に耳を傾け、共に支え合い、癒し合えるような共感が社会に広がれば」と ...

↑このページのトップヘ