死別カウンセリング こころの杖

グリーフケアは、大切な人を亡くした時に抱える思慕や絶望、後悔、罪悪感、疎外感等にとことん寄り添い、回復へと導くことです。悲しみのプロセスは人によって違います。そして、回復する過程も人それぞれ違います。傷ついた心で乗り越えようとすれば、心は疲弊してしまいます。 頑張らなくても大丈夫です、ちゃんと回復への道があります。 その道を、しっかりと照らすのがグリーフケアカウンセリングです。 いまい あけみ/グリーフケアアドバイザー(日本グリーフケア協会認定)・自分史活用アドバイザー・終活カウンセラー。2008年に手元供養専門店品「こころの杖」を設立。自らも介護、死別、相続等の経験を持ち苦しみ、救いを求めグリーフケアを学ぶ。

タグ:心遣い

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。大切な人とのお別れ前には看病に明け暮れ、悲しみの中で旅立つ儀式を終え、慌ただしく日は過ぎていきます。フッと今後の生活を考えると現実が迫ってきます。新しい人生に向かうため ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。多くの遺族の方のお話にはそれぞれの物語があります。その中で、忘れられない何気ない言葉ご主人を亡くされたその方は「自分がこのようなことになって今更ながらに考えさせられま ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。死別者に対してのことわざ「男やもめにウジがわき、女やもめに花が咲く」連れ合いを亡くした男性には、世話をやいてくれる人がいないので、むさ苦しくなり、夫の世話をしていた女 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。ごく近しい友人が遺族になったり、本人が余命わずかという状況に「どう声をかけていいか分からない」と言う人は多い。一般的に言ってはいけない言葉で知られているのは「頑張って ...

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━どうか、大切な人に是非、手で「撫でて」「さすって」触れてあげて下さい。今、療養されてる方にも介護されてる方にもそして、終末医療の方にもそして健康な方にもどんなに心強いかしれません。男性の人は恥 ...

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━同居しているとどうしても一家のお嫁さんがお年寄りの世話をすることになる。お年寄りの日常の一切合切をお世話しているからちょっとした変化も分かる。「最近、同じことを何回も言うわ?」認知症の初期症状 ...

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■大切な方をなくしたご家族や友人をサポートしてあげたい、力づけてあげたい、と思う気持ちは自然な気持ちです。しかし、心から心配していても、どう支えてあげればいいのか分からないことがよくあります。 ...

↑このページのトップヘ