死別カウンセリング こころの杖

死別カウンセリング こころの杖は大切な人を亡くし、思慕や絶望、後悔、罪悪感等に苦しんでいる心を回復の道へと導けるように情報を発信しています。グリーフは時間が解決してくれると考えられていますが、寄り添う対象があってのことです。社会情勢の変化で、死は話せることでは無くなった今、ネットを見ても答えは出ていません。自らの答えを自ら探さなくってはなりません。読んでいただき参考にしていただければ幸いです。

タグ:母子家庭

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。幼い頃、父親を亡くして女性ばかりの中で育った末っ子長男の彼は70歳前自身の人生を振り返って彼は「結局、女の枠の中で育ってきた人生だった」と総括しました。それは、少しショッ ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。「故人には大変お世話になりました。私でお役に立つことがあればご協力させて頂きます」こんな言葉を残してくれた知人子供が就職活動で思うようにいかない時知人の言葉を思い出しお ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。多くの人に「なぜ?」を残して旅立った三浦春馬さん。もし、彼に「パパ。パパ~」と甘えてくる幼子があれば・・もし、故郷に住んで、プライベートな生活があれば・・今とは違う世界 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。TVから流れてくる野村克也さんの偉大な功績魅力あふれる生き方や言葉に学ぶべきことがあふれていてずっと見入っていました。燦燦と降り注ぐ光を浴びるひまわりより一夜に咲く月見草 ...

↑このページのトップヘ