死別カウンセリング こころの杖

グリーフケアは、大切な人を亡くした時に抱える思慕や絶望、後悔、罪悪感、疎外感等にとことん寄り添い、回復へと導くことです。悲しみのプロセスは人によって違います。そして、回復する過程も人それぞれ違います。傷ついた心で乗り越えようとすれば、心は疲弊してしまいます。 頑張らなくても大丈夫です、ちゃんと回復への道があります。 その道を、しっかりと照らすのがグリーフケアカウンセリングです。 いまい あけみ/グリーフケアアドバイザー(日本グリーフケア協会認定)・自分史活用アドバイザー・終活カウンセラー。2008年に手元供養専門店品「こころの杖」を設立。自らも介護、死別、相続等の経験を持ち苦しみ、救いを求めグリーフケアを学ぶ。

タグ:相続

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。相続の話をすると「うちには大した遺産が無いから大丈夫」という声をしばしば耳にします。こんな家庭ほど、遺産相続で揉めやすいというのは本当です。資産のある家はすでに遺言書等 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。相続争いは資産があるから争うというように思いがちですが、実際は、資産の少ない家庭ほど争っているということになります。そして、この争いが死別の悲しみに拍車をかけます。お ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。最近は「いい関係でいたいから離婚を選んだ」とか「離婚後も友達関係」ということがあるようだが、別れてから1度も逢ったことがないという元夫婦というのも多い。そんな元夫婦でも ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。「家は大丈夫。とっても仲がいいですから」と親御さん。「家は大丈夫。弟とはとっても仲がよいもの」とお姉さん。お姉さんは一人っ子の夫に「あなたは兄弟がいないから可哀想ね」 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。相続争いに1つの判決が下りました。 これを見ると様々なことが想像できます。ここで、見えてくる詳しいことには触れませんが、この判決が大岡裁きのようで喜ばしいことではあり ...

「こころの杖」のカウンセリングをいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。”親の終活は子にとって重要事項”と先日、申し上げましたがその逆の、子の終活は親にとっても重要事項です。平均寿命が伸びる中で、逆縁は珍しいことでは無くなってまいりました。 ...

「こころの杖」のカウンセリングをいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。親の終活は、子にとって無関係なことは一つもありません。バトンを受け取る側も終活の項目や内容は把握しておくことは必須です。今、団塊の世代が親を看取る時代に入ってきておりま ...

死別専門カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。愛する人をおくることは人生の中でも最大の役割に位置するものだと思っています。おくることには遺産相続がつきものですが、遺産相続にはとんでもない相続人が中にいます。人は ...

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━介護は、いくら家族だからといって、らくらく行えるわけではありません。相当なエネルギーを要します。ところが、他の相続人はその苦労を認めてくれないことがあります。自分がしてきたことは大きく考え、し ...

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━彼は結婚2回目。もう、今では珍しいことではありません。最初の結婚で子供は1人。養育費を支払う約束をして幼い子供との面談は無し。再婚相手との間には子供を2人。再婚相手は毎月、養育費を振り込んでいまし ...

↑このページのトップヘ