死別カウンセリング こころの杖

死別時に抱える思慕や絶望、後悔、罪悪感、疎外感等のことをグリーフと言います。グリーフは時に、家族のバランスを崩し、家族の力を低下させます。悲しみのプロセスは人それぞれで、回復する過程も様々です。家族の力を再生させ未来への一歩へ踏み出せるように導きます。傷ついた心で乗り越えようとすれば、家族の心は疲弊してしまいます。 頑張らなくても大丈夫です、回復への道があります。 その道を、しっかりと照らすのがグリーフケアカウンセリングです。 いまい あけみ/グリーフケアアドバイザー(日本グリーフケア協会認定)・自分史活用アドバイザー・終活カウンセラー。2008年に手元供養専門店品「こころの杖」を設立。自らも介護、死別、相続等の経験を持ち苦しみ、救いを求めグリーフケアを学ぶ。

タグ:終活

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。病院のベッドでAさんは「献体をして欲しい」と望みBさんは「家族だけのお葬式を」と望んだAさんにとっても、Bさんにとってもご遺族は故人の最期の望みということで叶えてあげたいと ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。セミナーでの風景1枚の写真から、1品の形見から家族に伝えたい物語が生まれます。伝えなければ決して分からなかった1枚の写真や1品の形見に隠された物語はそれぞれの家族への想 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。自分たちが親を送った時代のことはモデルにならない②には長寿が大きく関係することになります。昔ほとんどの人は、学校を出て就職し、結婚・出産・子育てを済まし、定年まで勤め、 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。「父や母は終活に全く関心がなく、どうするんだろうと思います」セミナーではこんな声がよく聞かれます。終活を死んだ時のことと捉えられて、「死んだ時のことなんかどうにかなる」 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。遺品整理をする中で遺族の誰もが手を止めてしまうのが、写真整理だと言われます。「わあ、こんなに若い!」「懐かしい!」の声もやがて「どうすればいいんだろうか?」に変わってき ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。ご遺骨の無縁化が社会問題になっていますが手元供養を選択される方はそれとは真逆の方たちです。様々な背景の中で、想いを持った方が選択をされます。そして、第三者が聞くと「えっ ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。夫婦で仲良く暮らしていても、残念ながら、松の葉のように逝ける訳ではありません。夫婦のみ世帯は、いづれは”お一人さま”になってしまいます。そんな中、案外、多いのが経済的破 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。もし、「余命1年です」と宣告されたら、何を大切にしたいですか?大切にしたいことの優先順位は本人にとって、家族にとって、そして医師や看護をする人にとっても大切なことです。例 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。私が9年前に手元供養専門店を始めた時、手元供養という言葉さえご存じない方が多く、手元でご遺骨を供養するって、そんな変わったこと・・という捉え方でした。しかし、ゴールデン番 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。7月20日は「遺された家族が悲しまないための終活」のお話をさせていただきました。アンケートの集計結果を見てみますとお越しいただいた年代は70代の方が多く次に80代、60代の ...

↑このページのトップヘ