死別カウンセリング こころの杖

グリーフケアアドバイザーとして、遺族の悲しみや苦しみを見てまいりました。大切な人を悲しませないための生き方は、起こりうる未来に対して、少しの知識と、今を『自分らしく』生きることだということです。よりよく人生を終えるための情報を発信しています。 いまい あけみ/グリーフケアアドバイザー(日本グリーフケア協会認定)・自分史活用アドバイザー・終活カウンセラー。2008年に手元供養専門店品「こころの杖」を設立。自らも介護、死別、相続等の経験を持ち苦しみ、救いを求めグリーフケアを学ぶ。

タグ:自分史

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。ペットが最期まで幸せでいられるように備えておきたい【うちの子のきろく】を発売いたしました。ペットとの日々の暮らしや、食生活や散歩、通院やお薬などの健康管理等の様々な日 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。もう再会できないことを納得していても、フッとした時に故人を思い出してしまう。無意識に思い出がよみがえる。もう、10年も20年も経つのに、何かをきっかけにこみ上げてくること ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。大切な人に想いを馳せ、出来事や思い出をたどること。そのことは、その中に生きる意味を見出すきっかけ作りになります。 遺された人生をより有意義に生きるために必要なプロセスな ...

↑このページのトップヘ