死別カウンセリング こころの杖

大切な人を亡くし、思慕や絶望、後悔、罪悪感等に苦しんでいる心を回復の道へと導く死別カウンセリング こころの杖では、シングルマザー、おひとりさま、男性の方のグリーフケアカウンセリングを行っています。グリーフを知ることや違う解釈で人生を見た時にきっと人生は創造することができます。頑張らなくても大丈夫です、回復への道があります。 グリーフに視点を持って様々な情報を発信していきたいと思います。 いまい あけみ/グリーフケアアドバイザー(日本グリーフケア協会認定)・自分史活用アドバイザー・終活カウンセラー。2008年に手元供養専門店品「こころの杖」を設立。自らも介護、死別、相続等の経験を持ち苦しみ、救いを求めグリーフケアを学ぶ。

タグ:親子

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。いくら仲の良い夫婦でも当たり前なのですが・・・松の葉のように一緒に逝くわけにはいきません。ひとりになると色々なことに覚悟が必要なのですが覚悟がないままに決断すると、不安 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。樹木希林さんと内田裕也さん何かと話題のお二方は強烈な個性で私にとっては芸能人という意識でしかありませんでしたが、2015年9月15日に「樹木希林的、捉え方」でアップした頃からと ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。離婚して一度も会ってない子供に会わなければ・・と考えたのは還暦も過ぎ、ふっと身辺のことを考え始めた時だったと言うご相談者離婚してからはおひとり様です。ずーっと心の片隅に ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。親子間で問題を抱えている人は実に多く父と子、母と子の心のすれ違いが解消されないまま永遠の別れを迎えてしまうこともあります。今回のご相談は、四十年も前に亡くされた母親との ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。歳を重ねると、身についてくる色々なこだわりや思い込み考えると私にもたくさんあります最近、そのこだわりや思い込みが世代間や人間関係のトラブルを巻き起こすことが実に多いので ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。大切な人の疾病が回復不能と分かり、実際の死を前にしてグリーフが予期的に始まることがあります。それを予期的グリーフと呼んでいます。予期的グリーフが死後のグリーフを軽減する ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。7年前にご縁を頂いたYさんからのお手紙食事とトイレ以外はずーっと寝たっきりのお父さんに何かできることをと、ペットの小丸君の遺骨ブレスレットのご依頼がありました。小丸君はと ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。「母ロス」という言葉をご存じでしょうか?母を亡くしたことによって起こるグリーフ(悲哀)のことを特に「母ロス」と総称しています。日本人は母親との結びつきが強く、この傾向を感 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。何かと長であろうとする長男。相続の際にも「俺、長男だから」と幅を効かせるのも長男です。しかし、これが問題をこじらす原因になるのです。介護のお話です。親が身体の自由が効 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。大切な人を失った時、身体の一部をもぎ取られたようになったり、心に大きな穴がぽっかりと開いたようになったり、何ともいえない感覚や気持ちになることがあります。それは思春期 ...

↑このページのトップヘ